過払い請求事例1

過払い請求事例2

過払い請求事例3

過払い請求事例4

過払い請求事例5

過払い請求事例6

過払い請求事例7



新生銀行カードローンレイクへの過払い金請求はこちらから

新生銀行カードローンレイクへの過払い金請求をお考えの方は、下記新生銀行カードローンレイクへの過払い金請求の手続きの流れを読んでください。

1、自力で過払い金請求を行う場合

  • 取引履歴の全部開示請求
  • 引き直し計算
  • 請求書作成
  • 和解できる否か
  • 和解できなければ提訴
  • 過払い金の返還

2、弁護士、司法書士などの専門家に依頼し過払い金請求を代行してもらう場合

  • 弁護士、司法書士選び
  • 過払い金請求代行の依頼
  • 過払い金の返還

新生銀行カードローンレイクへ過払い金請求を行う場合、上記2つの方法が考えられます。

1の自力で行う場合については、上に書いたように一連の作業を自力で行わないといけませんが、(自力でできないわけではありません)

2の弁護士や司法書士などの専門家へ依頼する場合は、専門家の選び方を誤らなければ、確実に、かつ、自力で行うよりも多くの過払い金が返還される可能性もあるのです。

新生銀行カードローンレイクへの過払い金請求は弁護士、司法書士に依頼すべし

当サイトでは、新生銀行カードローンレイクへの過払い金請求を行う場合、弁護士や司法書士などの専門家に依頼する、ということをオススメしています。

理由としては、時間、手間、費用、実績がある、などがあげられます。

時間と手間の問題

新生銀行カードローンレイクへ過払い金請求を行うためには、まず、時間の問題を克服しないといけません。

これは手間にも関わる問題になりますが、過払い金が実際に返還されるまでに多くの時間と手間がかかります。

取引履歴の公開請求から、引き直し計算での過払い金調査、内容証明の郵送手続き、電話交渉、裁判所での提訴手続き、訴訟、和解、、これらを全て自力で行うことは可能ですが、やはり時間と手間が非常にかかります。

普通に考えてみても、就業している人が、仕事をしながら、過払い上記をすべて一人で行うというのは現実的ではありません。

ゆえに、新生銀行カードローンレイクに過払い金を請求する際は、時間や手間をかけるよりも早くて確実な弁護士や司法書士の力を借りましょう、ということになるのです。

費用は成果報酬で安心

新生銀行カードローンレイクへの過払い金請求を行う際、弁護士や司法書士に依頼するとなると、想像もできないような法外な報酬を請求されるのでないかと考えられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし実際のところは着手金ゼロ、取り戻した過払い金の金額に対する手数料をとる法律事務所がほとんどです。

つまりは、依頼する側のリスクもほとんどなく、訴訟の実績が多数ある法律の専門家に気軽に過払い金請求の代行をお願いできる、ということになります。



PR





ページのトップへ戻る